外壁塗装の塗料の種類はどれくらいあるの?

人気の塗料を知っておこう

どんな物にも人気な物と不人気なものがあります。外壁塗装の塗料も同じで、人気のある塗料と不人気の塗料があります。人気がある塗料にはそれなりの訳があり、不人気な塗料もそれなりの訳があるのですね。基本的に人気の塗料は実用的であることと、コストパフォーマンスが優れていることです。実用的な塗料というのは、一度塗装をすれば10年以上は長持ちするものです。10年未満のスパンで塗装をしているとかなり忙しくなります。また、お金がかかります。ですので、15年ぐらいのスパンで塗装をするのが実用的な塗料と言えます。

不人気の塗料はどういった理由があるのか

不人気の塗料はどうして不人気なのでしょうか。まず、かつては住宅の外壁に塗っていた塗料でも、耐用年数が短くて、塗装をするスパンが短い塗料は不人気塗料になり易いです。なぜなら、お金がかかるからです。塗料の値段が5年で15万円の塗料と、10年で30万円の塗料ではどちらがお得かと言えば後者の方がお得なのです。なぜなら、塗装をするたびに足場を組まなくてはいけませんし、高圧洗浄をかけなければなりません。養生も補修も必要です。つまり、塗装以外に数十万のお金がかかるわけですね。そうだとすれば、短いスパンの塗料は人気が出なくなります。

高機能塗料をどう考えるか

最近の外壁塗装の塗料の中には高機能塗料があります。高機能塗料とは、耐用年数が長くさまざまな特徴がある塗料のことを言います。例えば、フッ素系塗料ならば耐用年数が20年で、外壁をコーティングする力が強く、汚れが付きにくいという特徴があります。また、光触媒塗料は耐用年数が20年以上で、太陽の光が当たると外壁の汚れを浮かす機能があります。これにより、外壁から汚れだけで無く、カビや苔すら寄せ付けない物になります。ただし、価格が高いためある程度資金に余裕がある人でないと利用できませんね。

外壁塗装の遮熱塗料をおすすめしたい理由は、大切な住宅の屋根や壁を守れるからです。紫外線や高温による悪影響を予防できます。