がんの先端医療である重粒子線治療とは?!

がんの重粒子線治療とはどんな治療法?!

粒子線とは陽子線と炭素イオン線などの事です。従来の放射線で使用されていたエックス線よりも、がんの治療に優れていると言えます。コンピューターによって操られる揚子線をがんの遺伝子に直接照射することで破壊します。そのため、メスや麻酔などは一切使用されません。すなわち痛みが感じられませんし、揚子線を当てても熱いということもありません。体を切ることをしないので血が出たりすることもなく、治療後の回復も早いと言えます。早期ガンの治療にとても効果的です。

仕事をしながらでも治療ができる?!

治療方法は1日数10分がんの遺伝子への照射を数十分行います。がんの程度にもよりますが、毎日、5週間ほど続けます。毎日行わなければいけないものなので入院を進めらますが、通院での治療も可能です。そのため、仕事を長期休むことなく治療を続けることができます。また、子供が居て入院をして子供と離れるのが心配だという気持ちのある女性にとっても、通院で治療ができるため家を長期開ける必要が無いので、安心して治療を行うことができるでしょう。

重粒子線治療にかかる費用はどのくらい?!

重粒子線治療は先端医療として認められているため、保険が適用され、混合治療が可能です。重粒子線治療には約300万円かかり自己負担での支払いとなります。また、重粒子線治療費に加えて通常診療の診察や検査にかかる費用の3割を支払います。しかし、これらの治療にかかる費用は確定申告の際の、医療費控除の対象となります。一定金額を超えている場合は、高額医療費が適用され、自己負担金額が多少減ることが考えられるでしょう。

がん先端治療は、国内外の高度な研究機関などで、日々臨床実験が行われることもあり、様々な部位のがん治療への効果が期待されています。