もう恥ずかしい思いをするのは嫌!包茎の治療方法

包茎には全部で3種類ある

なにかとマイナスイメージのある包茎ですが、世の男性で一番多い性器の状態が仮性包茎なのです。仮性包茎とは通常時は皮こそ被っているものの手で剥くことができ、勃起時には自然と亀頭が露出するか手で剥くことができます。これを普通と考えている国が多いです。次にカントン包茎ですが、通常時は仮性と同じく剥けるものの。勃起時は皮の出口が小さくなかなか剥くことができません。最後に真性包茎ですが、通常時も勃起時も剥くことができない状態です。

カントン包茎は自力で治せる?

カントン包茎は勃起時に無理やり剥くと、亀頭に皮が引っかかり血やリンパがとどまり腫れてしまいます。ひどい場合には病院へ著効しなければいけなくなるのです。実は手術しなくてもカントン包茎から仮性包茎になれる場合があります。もちろん専用の器具を使えばいいですが、自力でやりたい場合は通常時に頻繁に剥くようにしてください。するとだんだんと皮が伸びてくるので、勃起時にも向けるようになります。決して無理はしないでくださいね。

真性包茎は手術が必要

勃起時はおろか通常時すら剥けない真性包茎は、どの医師に診てもらっても手術を勧められます。皮が小さくどんな時も亀頭を覆いかぶさっているため亀頭が小さくなるだけでなく、亀頭と皮の間に尿が入り込むため臭いの原因やひどいと病気になってしまうなんてこともあるのです。もちろん勃起時は皮が張った状態のため性交渉もうまくいきませんし、臭いで相手から嫌がられてしまいます。真性包茎の方は手術したほうが今後のためだと思うので、ぜひ医師に相談してみてはいかがでしょうか。

包茎の手術の仕上がりは、照応の程度や医師の経験に大きく影響されるため、後悔の無いようにカウンセリングの際にこれまでの手術の事例について、主治医に尋ねることが良いでしょう。